記事の詳細

40歳以上になると加入する介護保険には介護保険の制度を利用してマンションリフォームの補助金をもらうことができます。こちらでは介護保険をマンションリフォームに活用する方法をご紹介していきます。

その介護保険には要介護者・要支援者の生活や介護に必要なリフォームをおこなう際に助成金がおこなうことができるなどの補助がある高齢者住宅改修費用助成制度があります。

バリアフリー化を目的としたマンションリフォームをする場合には自治体へ事前に申請し、登録事業者であるリフォーム会社へ改修を依頼することによって助成金を受けることがでいます。
介護保険の助成を受けるにはいくつかの条件等が有り、介護保険に入っていることや要支援、要介護の介護認定を受けていることなどの検査を通る必要が有ります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る