記事の詳細

リフォームには原状回復、内装リフォームなど用途に応じたリフォームの方法があります。

原状回復工事ではクロスの汚れやたたみについた家具のあとなど入居者がつけてしまった傷や汚れを修繕するための工事のことです。

日常生活で付いた汚れや設備の劣化について大家さんの負担や入居者による故意の傷つけや使用方法の誤りによる設備の破壊などは入居者の負担となってしまいます。

内装リフォームはとり魅力的な内装とするためのリフォームです。原状回復だけでなく付加価値をつけるためのリフォームと考えることもできます。
モニターつきのインターホンを新設したり、デザイン性の高いシーリングライトへ交換すると言ったことも部分的なリフォームと言えます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る