記事の詳細

専用のスプレーマシンの採用によって複雑な形状の構造物でも継ぎ目が存在することなく、緩衝材や重ね吹きなどをすることなく施工時に自由に膜厚調整することができます。また作られた粒子は多少のクラックやクレーターには充填しながらの施工が可能で下地処理を省くことができます。

従来、手作業で行っていた施工を変更することによって施工スピードが早まるだけでなく硬化システムにより形成される適度にエアーを含む防水膜が、従来の手作業では作り得なかった防水層自身で蒸気を発散させる機能を形成することができます。
また溶剤や軟化剤をふくんでいないので弾性を維持できます。

会社名:株式会社ハナヤマ 本社総務部
住所:東京都台東区寿1-6-7 ユーハイツ伸光ビル9F

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る